引越しのダンボール箱

引越しする時に必ず必要なものとしてダンボール箱があります。

一人暮らしなら10個程度、4人家族ともなると50個とか必要になる場合もあります。

たいていの場合は引越し業者が無料で提供してくれることが多いのですが、足りない場合の調達方法を解説します。

ダンボール箱を手に入れる方法

ダンボール箱を手に入れる方法なんて、「もらってくる」「買う」しかありません。

しかし、ダンボール箱といってもよく見ると薄かったり厚かったりと強度に違いがあるんですよ。

入れる荷物を想定して、必要なサイズや強度のダンボール箱を選ぶことが大切です。

引越し業者から購入するか貰う

引越し業者は見積り時にダンボール箱を無料である程度くれる場合がほとんどです。

一人暮らしならそれだけで足りることが多いですが、4人家族とかになると貰えるダンボール箱だけでは足りない場合もあります。

その時は引越し業者の担当者に相談して、追加でもらえるか確認して、もらえないなら有料でも購入するしかありません。

引越し業者が用意しているダンボール箱は、さすがに引越し用だけあって強度が高いので安心感が違います。

スーパーなどで取ってくる

スーパーなどでダンボール箱を無料で提供してくれるコーナーがある場合があります。

そこで無料でいくらでももらえるのですが、ひとつ注意点があります。

基本的にはお菓子や食材など、あまり重たいものを入れる必要がないダンボール箱が多いので、結構紙が薄いものが多いです。

そういったダンボール箱には衣服など軽いものを入れるのがおすすめです。

野菜などが入っていたであろうダンボール箱なら厚みもありますが、土などがついていたり水分を吸ってる場合があるので、善し悪しがあります。

ネット通販やホームセンターで購入する

数個程度であればホームセンターで購入するという手もあります。

大量に必要な場合はネット通販などを利用すると便利です。特にダンボール工場が直販しているところなら、安く購入できます

フリマアプリなど個人間取引で調達する

知人や友人に最近引っ越した人がいる場合、ダンボール箱が残っている場合があります。

それをもらえば、知人はダンボール箱の処分の手間が省けますし、こちらも無料でもらえるので一石二鳥です。

あとは、フリマアプリやジモティ―などの個人間取引サービスでも使用済みの引越し用ダンボール箱が出品されている場合があります。

この場合も出品者は処分したいものなので、かなり安いですし、0円でも譲りたいという人もいます。

最終的にダンボール箱がどれくらい必要か予想しておこう

自宅の荷物の量を把握しているつもりでも、実際にダンボール箱に入れてみると足りないということはよくあります。

だから、まずはダンボール箱のいくつかに実際に荷物を入れてみましょう。

すると大体どれくらいのダンボール箱が必要になるか明確になるので、それに合わせて早めにダンボール箱を調達しておくとスムーズに引っ越し作業ができます。

引越し料金をできるだけ安くする方法ってないの?

それはたくさんの引越し会社に値段を聞いて回ればいいだけ!でもそんな面倒なことはできませんよね?引越し一括見積りサービスなら、1回の申込で200社以上の引越し業者から一括で見積りを取ることができるんです!しかも無料なのでありがたい!

引越し一括見積り提携業者

今すぐネットで一括見積りをしたい人はこちら!