繁忙期と引越し
引越しを一度でもしたことがある人なら、引越しは時期や曜日によって料金が変わるということをご存知でしょう。

とくに引越しが多くなる時期は繁忙期と言われ、閑散期と比べて倍以上の料金になる事もあります。

引越しの繁忙期と閑散期、料金が安くなる曜日や時間を知ってお得に引越しをしましょう。

引越し最大の繁忙期は3月4月

引越しの繁忙期で最も忙しくなるのは3月4月です。

これは年度の変わり目であり、入社や入学の時期と重なるので多くの人が引越しをします。

時期 料金 引越しをする理由
3月~4月上旬 超高い 入社や転勤、入学など新しい生活が始まる時期。この時期に引越しするしかないという人だらけなので料金は超高くなり、予約も取りづらくなる。
夏休み 高い お盆休みなど長期休暇で引越しをする人が多い。また、子供が夏休みなので引越ししやすいタイミングでもある。土日祝、お盆が特に高くなる。
12月末頃 高い 年末の長期休暇中に引越しをする人が増える。

3月と4月に関してはその時期に引越しするしかないという、なかば強制的なものなので仕方ありません。

それ以外の繁忙期では、余裕を持って引越しをしたいということで長期休暇中が忙しくなるようです。

あとは1年中で言えることですが、土日の引越しは平日に比べて多くなるので、料金も少し高くなります。

繁忙期でもできるだけ料金を安くする方法

やむを得ず繁忙期に引越しをすることになった場合に、できるだけ安くする基本は一括見積りサービスなどを利用して複数の業者から見積りを取ることです。

やはり比較することによって、一番安くお得になる業者が見つけられます

それは基本として、それ以外で料金を安くするポイントは「早く予約」「平日」「お任せ」の3点です。

できるだけ早く予約をする

引越し業者にとって、予約を早く埋めてしまうというのは売り上げの見通しが立てやすいので喜ばしいことなのです。

したがって、できるだけ予約を早くしてあげることによって、値引き交渉を有利に進めることができます。

できるだけ平日に予約する

多くの人はできるだけ余裕のある休日に引越しをしたいと考えます。

余裕より料金が安い方がいいという人は、土日祝を避けて平日に引越しをすると安くなります。

日時をお任せにしてしまう

これが意外に有効なんですが、引越し業者というのはスタッフが手持無沙汰になると人件費が余計にかかってしまいます。

引越し業者の理想は引越しのスケジュールが隙間なく埋まる事ですが、実際には夕方より昼間、昼間より午前中のように引越しする人は荷解きの時間を作りたいので、早い時間の方が人気があり、夕方になるほど人気がなくなります。

そのことを利用して引越し業者にスケジュールを自由に決めてもらうことで割引交渉をするということができます。

引越し業者としてもスケジュールの穴が埋まるのはうれしいですし、引越しする側も料金が安くなるのがうれしいのでWIN-WINの関係になりますからね。

閑散期(繁忙期以外)でも曜日や時間で安くなる

繁忙期以外の時期は料金がほとんど変化なく閑散期と呼ばれています。

この時期も料金を安くする基本は繁忙期と同じです。

閑散期に関してはそんなに大きく割り引かれるということはないと思うので、好きな日時で引越しをするほうがいいかもしれません。

それでも引越し業者間では料金が大きく異なるので、引越し一括見積りサービスを利用するのは必須です。

引越し料金をできるだけ安くする方法ってないの?

それはたくさんの引越し会社に値段を聞いて回ればいいだけ!でもそんな面倒なことはできませんよね?引越し一括見積りサービスなら、1回の申込で200社以上の引越し業者から一括で見積りを取ることができるんです!しかも無料なのでありがたい!

引越し一括見積り提携業者

今すぐネットで一括見積りをしたい人はこちら!