転入届を出すタイミングと期限
引越し先が引越しする前の市区町村と異なる場合は、引越し先の市区町村の役所に「転入届」を提出する必要があります。

引越し先が引越しする前の市区町村と同じ場合は、引越し後に同じ市区町村の役所に「転居届」を提出します。

  • 引越し先が異なる市区町村 → 引越し前に転出届、引越し後に転入届
  • 引越し先が同じ市区町村 → 引越し後に転居届のみ



>>関連:転出届と転居届の違いや提出期限、提出方法

引越しで市区町村が変わったら転入届が必要

引越しによって住む市区町村が変わる場合は転入届が必要になります。

転入届を出すタイミングと期限

転入届を出すタイミングは引越し日を過ぎてからになります。また、引越し前の市区町村の役所で「転出届」を出して、「転出証明書」を発行してもらっていることが必須になります。

提出期限は引越し日から14日以内と定められています。

14日以内に提出しない場合は罰則として過料5万円以下を請求されることがあります。(実際に請求された人は聞いたことがありませんが)

転入届を提出する場所

転入届を提出する場所は、引越し先の市区町村の役所になります。

役所なので基本的には平日の夕方までしか開いていませんが、市区町村によっては土曜日などに専用窓口を開設しているところもあります。

詳しくは引越し先の市区町村のホームページに記載されています。

転入届を提出できる人

転入届は引越しした本人、または世帯主が提出します。

代理人が提出することもできますがその場合は委任状が必要になります。

転入届を提出する時に必要な書類

転入届に必要な書類は以下になります。

  • 転出証明書(引越し前の市区町村役所で転出届を出した時に発行されます)
  • 身分証明書(運転免許証、パスポート、個人番号カードなど)
  • 印鑑(認印可)
  • 委任状(代理人が提出する場合)



この時に同時に印鑑登録をしておくと手間が省けます。

万が一転出証明書を紛失した場合は、引越し前の市区町村役所で「転出証明書に代わる証明書」というものを発行してもらうことになります。

転出証明書と名称が異なるのは、転出証明書は一度しか発行できないから名称が変えてあるというよくわからない理由ですが、要するに再発行と同じようなことです。

転入届提出後に住民票が発行できる

転入届を提出すると、住民票の発行ができるようになります。

引越し後にはいろいろな手続きで住民票が必要になる事が多いので、あらかじめ何枚か取得しておくといいと思います。



引越し後に役所で行う手続きは転入届以外にもいろいろあります。

何度も足を運ぶのは面倒なので、一気にできる手続きはやっておいたほうがいいでしょう。

>>引越し後に必要な手続き一覧はこちら

引越し料金をできるだけ安くする方法ってないの?

それはたくさんの引越し会社に値段を聞いて回ればいいだけ!でもそんな面倒なことはできませんよね?引越し一括見積りサービスなら、1回の申込で200社以上の引越し業者から一括で見積りを取ることができるんです!しかも無料なのでありがたい!

引越し一括見積り提携業者

今すぐネットで一括見積りをしたい人はこちら!