引越し時の印鑑登録は必要、廃止方法は?
印鑑登録は不動産契約などの契約時や、自動車の購入などの高額なものを購入する際に必要となります。

いわゆる「実印」というもので、自分だけが持っている唯一無二の印鑑、本人であることの証明として利用されます。

印鑑登録は市区町村に印影を登録することで、本人証明の実印としての効力が生まれます。

引越し前に印鑑登録の廃止・抹消手続き

引越し前の住所地と引越し先の住所地の市区町村が異なる場合は印鑑登録の廃止・抹消手続きをします。

廃止・抹消手続きは、印鑑登録をしている市区町村の役所に印鑑登録証を返還すればいいだけです。

市区町村によっては転出届を出した時点で印鑑登録も抹消されることが多いので、転出届を出すときに聞いてみるといいでしょう。

なお、同じ市区町村内に引越しをする場合は転居届を出した時点で、印鑑登録の住所も自動的に変更されるので、別途手続きは必要ありません。

引越し後に必要なら印鑑登録

印鑑登録は必ずしなければいけないというものではありません。

しかし、不動産の契約や購入、自動車などの高額商品の購入時には必ず必要になるので、そういった予定のある人は登録しておいた方がいいでしょう。

登録できる印鑑か確認する

一度でも印鑑登録をしていた人ならわかると思いますが、印鑑登録できる印鑑には条件があります。

以下に登録できない印鑑がどんなものか書き出してみます。

  • 印影の文字の判読ができないもの、不鮮明なもの
  • 他の人がすでに登録しているもの
  • ゴム印など変形しやすい材質のもの
  • 氏名以外の文字や記号が入っている、戸籍上の氏名と異なる
  • 印鑑の輪郭が欠けている、印鑑の輪郭がないもの



印鑑登録する印鑑は本人のものであることを証明するものなので、オリジナルで作った印鑑で、かつ改変できないものが必要になります。

印鑑登録時に必要なもの

印鑑登録は住んでいる市区町村の役所で手続きすることができます。

基本的には本人が申請するもので、本人確認書類登録する印鑑を持っていけば登録できます。

代理人が登録する場合は委任状と代理人の印鑑、本人確認書類も必要になります。

転入届提出時に行っておくと手間が省ける

印鑑登録の抹消を転出届を出す時に同時に行うと楽なように、印鑑登録手続きも転入届と同時にしておくと手間が省けます。

引越し料金をできるだけ安くする方法ってないの?

それはたくさんの引越し会社に値段を聞いて回ればいいだけ!でもそんな面倒なことはできませんよね?引越し一括見積りサービスなら、1回の申込で200社以上の引越し業者から一括で見積りを取ることができるんです!しかも無料なのでありがたい!

引越し一括見積り提携業者

今すぐネットで一括見積りをしたい人はこちら!