引越し時の転居・転送サービス
引越しするときに銀行やクレジットカードなどの住所変更は重要なので忘れないのですが、例えば通販のカタログとかお店のDMとかそういったところまで細かく住所変更をするという人はあまりいないでしょう。

引越ししたことを知らない人や企業は、旧住所に郵便物を送り続けますから、マンションなどの場合は次に住む人に個人情報が知られたり、迷惑をかけたりしてしまうかもしれません。

それを防ぐために日本郵便では旧住所の郵便物を、新しい住所に転送してくれるサービスを行っています。

日本郵便の転送サービスとは

転送サービスとは、引越しなどで住所が変更された場合に、旧住所あての郵便物を新住所に無料で転送してくれるサービスです。

近くの郵便局に転居届を出すことで、1年間転送サービスを受けられます。

なお、この転居届は役所に提出する転居届とは異なりますのでご注意ください。

>>参考:転出届と転居届の違いや提出期限、提出方法

転居届を郵便局に提出する方法

転送サービスを受けるには最寄りの郵便局に転居届を提出する方法があります。

その際には以下のものを持参してください。

  • (提出者の)本人確認書類(運転免許証、各種健康保険証など)
  • 転居者の旧住所が確認できる運転免許証、パスポート、住民票など



ちなみに家族のうちの一人が引越しする場合でも宛名ごとに転送されるので大丈夫です。

意外に簡単に手続きできてしまうので、ストーカーなど他人が転送サービスを利用することを防止するために、日本郵便の社員が現地訪問したり、転居者の居住事実確認、旧住所宛に転送サービスの確認書の送付などを行っています。

>>日本郵便の転居・転送サービスはこちら

転居届をネットで申し込む方法

今までは郵便局に直接出向いて転送サービスの手続きをしていたのですが、今は携帯電話やパソコンから簡単に転送サービスを申し込むことができます。

>>日本郵便の「e-転居」サービスはこちら

転居届は引越し2週間前くらいに出すのがよい

転送サービスを申し込んでから実際に稼働するまでには1~2週間ほど時間がかかります。

したがって、引越ししてから手続きをしてしまうと、最初の1~2週間は旧住所に郵便物が届く可能性があるので早めに手続きしておいた方がいいでしょう。

目安としては余裕をもって引越しの2週間前から1週間前までに申し込むのがベストです。

転送サービスは更新できる

転送サービスは申し込みをしてから1年間有効ですが、1年後に再度申し込めば、それから先また無料で1年間転送サービスを受けることができます。

郵便物が来たら住所変更を忘れずに

転送サービスをしてみると、結構転送されてくる郵便物が多いことに気づきます。

再び旧住所に送られないように、不必要なものは郵送を止めた貰ったり、必要なものなら住所変更をお知らせしたりしておいたほうがいいでしょう。

引越し料金をできるだけ安くする方法ってないの?

それはたくさんの引越し会社に値段を聞いて回ればいいだけ!でもそんな面倒なことはできませんよね?引越し一括見積りサービスなら、1回の申込で200社以上の引越し業者から一括で見積りを取ることができるんです!しかも無料なのでありがたい!

引越し一括見積り提携業者

今すぐネットで一括見積りをしたい人はこちら!