長距離引越し料金相場とポイント

入社や大学入学、転勤や上京などで長距離の引越しをしなければならない場合があります。

長距離の引越しとなると、費用が高くなるのは必須ですが、その中でもポイントを押さえればお得に引っ越すことは可能です。

長距離引越しで知っておきたい知識をまとめておきます。

長距離の引越し料金は高い?その相場とは

長距離の引越しは距離が長い分料金が高くなるのは当たり前ですが、目安として以下に東京から大阪(約500km)に引っ越した場合の料金相場を記載しておきます。

単身 2人家族 4人家族
閑散期
(5月~2月)
65,000円
~180,000円
140,000円
~290,000円
200,000円
~350,000円
繁忙期
(3月、4月)
120,000円
~300,000円
230,000円
~500,000円
340,000円
~500,000円

高いなぁという感じですが、料金にかなりの幅があることがわかります。

これは荷物の量などにももちろん関係があるのですが、運送方法や引越し社独自の格安プランなどいろいろな要因があるからです。

なので、一番お得になる引越し社を探すには、いかに多くの引越し社に見積りを取れるかがカギになります。

引越し一括見積りサービスを利用することで、長距離の引越しでも一番お得にできる業者を探すことが簡単にできます。

長距離の引越し料金を安くするポイント

一括見積りサービスを利用するのは基本ですが、各引越し社と話をするときに長距離引越しならではのポイントがあるので、これを知っておくとできるだけ安く引越しをすることができるようになるかもしれません。

大手引越し社のネットワークを利用する

長距離引越しの場合は、圧倒的に大手引越し社の得意分野になります。

というのも、全国展開していて支社やトラックが全国にあるので、その運送網たるや中小の引越し社には簡単に真似できるものではありません。

例えば、大阪から東京に引越しがある場合、東京で荷物を下ろしたトラックに、その付近から大阪方面に引越しをする人の荷物を積んで帰るということができるので、輸送費が抑えられます。

これは全国から引越しの依頼を引き受ける大手引越し社ならではのやり方です。

このやり方を知っていれば、スケジュールをある程度引越し社にゆだねて、引越し社ができるだけ効率よく荷物を運べるようにすれば、値引きの交渉がしやすくなるというわけです。

「混載便」は格安便

中小の引越し社も「混載便」という方法で長距離の引越し料金を抑える努力をしています。

混載便とは、一つのトラックなどに複数のお客さんの引越し荷物を積んで、一気に引越し先に運ぶことです。

こうすることで、1回の運送費を複数のお客さんで負担することになるので費用が抑えられます。

ただし、この場合はスケジュールの自由があまりきかないのと、荷物が2~3日遅れて届く可能性があるので余裕がある人向けです。

あとは、荷物がほかの人の物と混ざる可能性もなきにしもあらずなので、ダンボール箱などに通し番号を振っておくといいかもしれません。

ちなみに大手の引越し社でも混載便をしているところもあります。

少ない荷物は単身パックがお得

単身など少ない荷物の場合は、宅配便と同じ扱いの単身パックがお得です。

単身パックは宅配便のように距離によってあまり料金に差が無いので、非常に安く運ぶことができます。

荷物が単身パックに入らない量であっても、例えば単身パックを2個にしたりすれば、長距離の場合、普通に引越しするよりは安くなる場合もあります

毎日使う日用品は持っていこう

長距離の引越しで気を付けたいのが、荷物は当日に引越し先に届かないことが多いということです。

だから、普段毎日使っているものに関しては、人が移動する時にカバンなどに詰めて持っていく方がいいでしょう。

または前もって宅配便に出しておいて、指定日配達をしてもらうという方法もあります。

引越し料金をできるだけ安くする方法ってないの?

それはたくさんの引越し会社に値段を聞いて回ればいいだけ!でもそんな面倒なことはできませんよね?引越し一括見積りサービスなら、1回の申込で200社以上の引越し業者から一括で見積りを取ることができるんです!しかも無料なのでありがたい!

引越し一括見積り提携業者

今すぐネットで一括見積りをしたい人はこちら!