引越し訪問見積りの注意とポイント
引越し業者に見積りを依頼すると、各引越し社の営業担当者が自宅まで来てくれて見積書を作成してくれます。

基本的には訪問見積りをすることがほとんどで、引越し料金が安くなるか高くなるかは、ここでの交渉にかかっています。

基本の基本!引越しの見積りは複数社から取る

引越しの料金を少しでも節約したい場合、見積もりは複数社から取るのが基本です。

これは引越し業者間で料金を比較させることはもちろんですし、引越し業者によって同じ引越しでも得意不得意があるので料金に差が出てくるからです。

複数社ってどれくらい?と思う人もいると思いますが、今はスマホやパソコンから簡単に申し込める引越し一括見積りサービスがあるので、それを利用すると効率よく一括で複数社に見積り依頼することができて便利です。

訪問見積りが必須な理由

見積りを依頼すると、ほとんどの引越し社が営業担当者を自宅に出張させて見積りを作成します。

これは引越し料金を正確に出し、引越し時に料金でトラブルが起きないようにすることが目的で、引越し社と利用者双方にメリットがあります。

トラックが入るかなど周辺環境の確認

営業担当者は自宅に訪問する前に、住まいの周辺道路などを確認しています。

これは大きなトラックが入る道幅かどうかの確認や、マンションならエレベーターの有無などの確認をすることで、引越しにかかる時間や必要なトラックの大きさ、作業員の人数などを決めるためです。

荷物の量の正確な把握

引越しは家財道具を引越し先に運ぶのが目的ですから、その荷物の量を正確に把握しておかないと正確な料金は出せません。

荷物の量はもちろん、エアコンなどの設置作業が必要かどうか、ピアノなどの特殊なものがないか、ベッドなどが解体なしで持ち運べるかどうかなど、営業員は細かいところまでチェックすることでより正確な料金を算出します。

訪問見積りの流れ

見積りの依頼・訪問日時の調整

一括見積りサービスを利用したり、個別に引越し社に連絡を入れると、各社の営業担当者から連絡が入ります。

訪問見積りの日時を決定するので、あらかじめ見積りに来てほしい日時を決めておきましょう。

複数社に依頼している場合、基本的には同時間帯に複数の引越し社を呼ぶのはNGです。

もし時間がなくて同時に呼ばざるを得ない場合は、あらかじめその旨を全引越し社に伝えるのがマナーです。

また、電話の対応で不信感があった場合はこの時点で断っても構いません。

引越し内容・荷物の量のチェック

トラックの大きさや台数を決めるため、家全部の部屋の荷物の量を確認されます。

押し入れやクローゼットの中、物置なども見られるので、見られたくないものは箱に入れるなりして内容がわからないようにしておきましょう(ただし、物量がわかるようにはしておいてください)。

また、引越しで持って行かないもの(処分品)もあらかじめ伝えておかないと荷物の量が正確に出ないので、事前に必要なものと不要なものを決めておきましょう。

【訪問見積り時にチェックされること】

  • 引越し先の住所や周辺環境(道幅やエレベーターなど)
  • 引越し希望日時
  • 荷物の量、家具・家電の量
  • エアコン、洗濯機、家電製品などの取り外し、設置工事の有無
  • 不用品の処分の有無
  • 車やバイク、自転車等の有無
  • ピアノなど特殊家具の有無

見積書の作成

引越し内容や荷物の量などを元に、引越し当日のトラックの空きや作業員のスケジュールなどを本部に確認して、OKであれば見積書が作成されます。

その見積りで納得いけば、即申し込みとなり、あとは引越し当日を待つだけになります。

他に見積りを依頼している引越し社があるのであれば、その旨を伝えて後日依頼するかどうかを連絡します。

引越し料金の値下げ交渉

値下げ交渉というのは「こうすれば間違いない」ということはありません。

特に交渉に自信が無いという場合は、単純に複数社の見積りの競争で交渉をすればいいと思います。

複数社に見積り依頼していれば交渉は簡単

最初にA社の見積りを取った場合、次に来たB社にはA社の見積りを見せて見積書を作成してもらいます。

その次に来たC社には、A社とB社の見積りを見せて・・・という風にすればおのずと一番安い見積りが出てきます。

最後に一番安い見積りを出した引越し社の金額を、最初に来たA社に伝えて値下げできるかを聞けば、それだけでも結構安い金額を導き出せると思います。

料金だけで決めない!引越し業者の決定

最終的に複数社の見積りを比較しますが、料金だけを見ないようにしましょう。

引越しの契約内容全体を見て、妥当かどうか、信用性があるかどうかで判断するのがいいと思います。

少し高くても大手の安心感を取るとか、作業員が少ないからやめとこうとか、損害保険の補償対象がどうとか、そのほか付随するサービスが充実しているかどうかなどなど、引越しの内容全体を見て判断するのが引越しを成功させるポイントです。

引越し料金をできるだけ安くする方法ってないの?

それはたくさんの引越し会社に値段を聞いて回ればいいだけ!でもそんな面倒なことはできませんよね?引越し一括見積りサービスなら、1回の申込で200社以上の引越し業者から一括で見積りを取ることができるんです!しかも無料なのでありがたい!

引越し一括見積り提携業者

今すぐネットで一括見積りをしたい人はこちら!